J1年間勝ち点1位の浦和は、天皇杯全日本選手権4回戦最終日の12日、等々力陸上競技場で川崎と対戦する(19時)。今季はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場したためシードされ、この一戦が10大会ぶりの優勝へ向けた初戦となる。前回大会は決勝まで進出した。勝てば、12月24日の準々決勝でFC東京と顔を合わせる。

 チームは10日、大原サッカー場で11対11のハーフコートゲームを中心に調整した。日本代表の西川と槙野が不在で、主力組には大谷、森脇、那須、宇賀神、駒井、柏木、青木、関根、李、武藤、興梠が入った。途中で選手交代し、遠藤、阿部、ズラタンも主力でプレーした。槙野が抜けた3バック左に...    
<記事全文を読む>