サッカーの天皇杯全日本選手権第7日は12日、等々力陸上競技場などでJ1勢による4回戦5試合が行われ、川崎、横浜M、湘南のJ1の県勢3クラブがそろって8強入りした。

 J1年間勝ち点2位の川崎は同1位で前回準優勝の浦和に対し、延長を終え3-3で入ったPK戦を4-1で制した。来季J2に降格する湘南は柏に3-1で逆転勝ちし、鹿島は神戸を2-1で下した。広島は鳥栖に3-0で完勝。横浜Mは新潟を1-0で破った。

 準々決勝は横浜M-G大阪、鹿島-広島、大宮-湘南、FC東京-川崎のカードで12月24日に開催される。

...    
<記事全文を読む>