日本サッカー協会の田嶋幸三会長が26日、静岡市内で開かれたタウンミーティングに出席し、「日本サッカー界は静岡のサッカーの歴史が大きく影響している。今後の発展にも力を貸してほしい」と述べた。また、県内Jチームが四つに増えたことについて「J1に清水が復帰し、磐田も残った。沼津がJ3に昇格し、(土地柄で)バランスが取れた県となった」と歓迎した。

 タウンミーティングは日本協会と県協会の共催で、Jクラブ関係者や指導者など約40人が出席した。田嶋会長が9月から各都道府県のサッカー協会を訪問し、地元の指導者や協会関係者と意見交換を行っている。

 「育成日本復活」を最重要視する田嶋会長。ターゲットにして...    
<記事全文を読む>