秋田県由利本荘市と日本フットサル連盟(東京)、フットサルのゼビオFリーグの「ヴォスクオーレ仙台」(宮城)は25日、フットサルを通じた地域活性化に関する連携協定を締結した。同市でFリーグ公式戦を行ったり、仙台指導陣によるフットサル教室を開催したりすることで、市民の健康増進や地域振興を図る。日本連盟と仙台が自治体と連携協定を結ぶのは全国初。

 市庁舎で締結式が開かれ、長谷部誠市長と日本連盟の小倉純二会長、仙台の坂本理社長が協定書に署名した。長谷部市長は「フットサルを通じ、連携して活気ある街づくりに取り組みたい」とあいさつ。小倉会長は「競技の普及拡大につなげたい」、坂本社長は「由利本荘から日本...    
<記事全文を読む>