沖縄県内のシニアサッカーをけん引する49歳のストライカーが、偉業を成し遂げた。20日にあった県シニアサッカーリーグ最終節の前原壮年クラブ戦でゲンジン・クラブの翁長喬(たかし)が126試合で通算100ゴールを達成した。リーグ創設から21年の歴史上、初の快挙だ。翁長は「何としても40代で達成し、後輩たちの目標となりたかった」と喜んだ。県サッカー界の“レジェンド”は、26日から宮崎県で開催される九州大会に出場する。(我喜屋あかね) 中学でサッカーを始めてからFW一筋。進学した長崎の高校は部活禁止だったため、一人で壁にボールを蹴り続けた。卒業後は設立されたばかりの海邦クラブ(現海邦銀行サッカー...    
<記事全文を読む>