高知大学のサッカー部員が15日、高知県安芸郡馬路村のユズ農園で収穫作業に取り組んだ。4月からサッカー部のスポンサーとなっている馬路村農協に恩返しする趣旨で、川田尚弘監督(36)の「地域を知り、サッカー以外でも貢献を」との方針に部員も賛同し、いつもと一味違うフィールドで快い汗を流した。

 2016年4月に就任した川田監督は、筑波大大学院や留学先のドイツでコーチング学を専攻。サッカーJ1浦和などで監督を務めたフォルカー・フィンケ氏=ドイツ=とも長年交流を持っている。

 川田監督は社会貢献の重要さを説くフィンケ氏の座右の銘「Not just Football(サッカーだけではいけない)」に共感。...    
<記事全文を読む>