J3リーグは20日、各地で最終節を行い、藤枝は2―0で福島を下し、7位で今季を終了した。後半23分、鮫島が相手のクリアミスを押し込んで先制し、終了間際にも鮫島がこぼれ球に反応し左足で決めた。

 首位の大分は4―2で鳥取を破り、勝ち点61でJ3を制し、1年でJ2復帰を決めた。2位の栃木はJ2の21位金沢との入れ替え戦に回る。

 (2)藤枝サ(藤枝1勝1分け)▽観衆2257人 藤枝 14勝3分け13敗(45) 2(0―0 2―0)0 福島 7勝9分け14敗(30) ▽得点者【藤】鮫島2(6) ■「来季は沼津と上位争いを」 藤枝は過去最高の7位で終えた。パスをつないで攻め抜くサッカーを1年間貫き...    
<記事全文を読む>