サッカーの全国地域チャンピオンズリーグ(CL)第5日は26日、千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムで決勝ラウンドの2試合を行い、四国代表のFC今治はヴィアティン三重(全国社会人選手権3位)に3―0で勝ち、2連勝した。もう1試合の鈴鹿アンリミテッドFC(同2位)が三菱水島FC(同1位)を3―0で下したため、勝ち点6で首位に立つFC今治の2位以内が確定し、日本フットボールリーグ(JFL)自動昇格が決まった。

...    
<記事全文を読む>