JFL(日本フットボールリーグ)昇格を懸けた全国地域サッカーチャンピオンズリーグ決勝ラウンドが二十五日、千葉県市原市で始まった。県内からは鈴鹿アンリミテッドFC、ヴィアティン三重が出場し、ヴィアティン三重は三菱水島FC(岡山)との初戦を2―1で制して勝ち点3を挙げたが、鈴鹿アンリミテッドFCはFC今治(愛媛)に1―2で敗れた。

 県内二チームを含む四チームが二十七日まで一回総当たりで対戦し上位二チームが来季JFLへ昇格する。ヴィアティン三重の海津英志監督は寺尾俊祐選手の先制点など勝因に挙げ二十六日の今治戦に向け「一次ラウンドで勝てた相手だが、決勝ラウンドではそうもいかない。今日見えた課題...    
<記事全文を読む>