沼津市をホームタウンとするサッカーチームで、来季からのJリーグ3部(J3)参入が決まったアスルクラロ沼津の山本浩義代表ら関係者が24日、市役所に大沼明穂市長を訪ね、J2などさらに上のカテゴリーを見据えたスタジアムの準備などに一層の支援を求めた。J3参入決定後、山本代表と市長が会うのは初めて。

 山本代表と同じ市立第三中の出身という大沼市長は「三中の誇り。本当にうれしい。間違いなく市民全員が応援している」と面会直後から満面の笑み。山本代表は「県東部のサッカーは弱いと言われ続けてきた。県内の勢力図を変え、サッカーに励む子供たちが東部に残れるようにしたい」と意欲を見せた。

 山本代表は、今後のス...    
<記事全文を読む>