日本フットボールリーグ(JFL)昇格を懸けた全国地域サッカーチャンピオンズリーグは十三日まで山梨県富士吉田市の富士北麓公園陸上競技場などであり、二十五日開幕の決勝ラウンドに進む四チーム中、鈴鹿アンリミテッドFC、ヴィアティン三重の県内二チームが占めた。決勝ラウンドは二十五日から二十七日まで千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムであり、四チームが一回総当たりで対戦し、最大二チームが来季JFLに昇格する。決勝ラウンドに県内二チームがそろって出場するのは初めて。両チームは平成八年度まで旧JFLで活動したコスモ石油四日市FC以来、県内からは二十一年ぶりのJFLチーム誕生を目指す。
<記事全文を読む>