サッカーJ2のFC岐阜は29日、来季監督にJ1甲府、J2京都などの監督を歴任し、2008~10年に岡田武史監督(60)の下で日本代表コーチを務めた大木武氏(55)の就任が決定した、と発表した。

 大木氏は静岡市(旧清水市)出身。05年に甲府をJ1に昇格させた。昨年からは四国リーグFC今治のアドバイザーなどを務め、今季、JFL昇格に貢献した。

 クラブによるとオファーに大木氏が応えた。大木氏は「魅力ある岐阜スタイルを目指し、ファンの皆さんと一緒に戦っていきたい」とコメントした。クラブ関係者は「地方の小さなクラブでも結果を残した。力になっていただけるはず」と話した。◆ FC岐阜の監督に29日、...    
<記事全文を読む>