J2千葉の新監督に就任したフアン・エスナイデル氏(43)の記者会見が28日、ユナイテッドパークで行われ「積極的に前からボールを取りにいく攻撃的なチームをつくりたい」と力強く抱負を語った。

 エスナイデル新監督は現役時代にアルゼンチン代表歴があり、スペインのサラゴサやヘタフェなどを率いた。高橋悠太GMは欧州で4人の監督候補と面談したと明かし「選手がいま持っているサッカーへの価値観を変えてくれ、クラブを受け入れて一緒にやってもらえる感覚がある」と選任理由を説明した。

 日本のクラブは初めてとなる。新監督は「私が日本の文化に順応しなければいけない部分もたくさんある。お互いに近づき合って、いいもの...    
<記事全文を読む>