ファジアーノ岡山が初のJ1昇格プレーオフに臨んだ27日、チームなど主催のパブリックビューイング(PV)が岡山市内3カ所であり、サポーターがモニターに向かって声をからした。終了間際、劇的な勝利を決めると、拳を突き上げ、喜びを爆発させた。

 同市北区下石井のイオンモール岡山では、施設内の通路などにある計52のモニターで試合を放映。1階広場「未来スクエア」の大型モニター(300インチ)前には約1500人(主催者発表)が集まった。

 前半23分、1点を先制すると、会場のあちこちから「よっしゃー」「いいぞ」と歓声。後半、同点に追い付かれた際は大きなため息が漏れたが、勝ち越しゴールが決まると、大歓声と...    
<記事全文を読む>