「ただいまJ2」「祝昇格」―。サッカーJ3・大分トリニータは20日、敵地でのリーグ最終戦で鳥取に4―2で勝利し、J3優勝とJ2復帰を果たした。運命の大一番に約1600人が鳥取まで応援に駆け付けたほか、大分市内のパブリックビューイング(PV)会場は5千人を超すサポーターで埋まり、優勝の喜びを爆発させた。目に涙「おめでとう」 現地スタンド J3降格から1年でのJ2復帰を確実にするため、絶対に落とせない最終戦。車、列車、深夜バス、フェリー…。あらゆる交通手段で決戦の地に到着したサポーターが、アウェー側のスタンドをトリニータブルーで埋め尽くした。

 小学生の丹羽哲正(てっしょう)君(9)と幼稚園...    
<記事全文を読む>