サッカーJ2の松本山雅FCは最終節の二十日、ホームのアルウィン(松本市)で横浜FCと対戦し、3-2で勝利した。勝ち点84に伸ばしたものの、二位の清水エスパルスも勝って勝ち点で並び、松本山雅は得失点差で三位が確定した。三~六位チームで争う昇格プレーオフに回り、二十七日にホームで六位のファジアーノ岡山と対戦する。

 松本山雅の最終戦には、過去最多の一万九千六百三十二人のサポーターが駆け付け、大声援を送った。

 松本山雅は前半9分に先制点を許したが、前半終了間際に相手のハンドでPKを獲得。FW高崎寛之選手が四試合連続ゴールとなるPKを左隅に決め、同点にした。

 後半5分、高崎選手が攻め込み、この日...    
<記事全文を読む>