サッカーJ2の松本山雅FCは13日、松本市のかりがねサッカー場で中京大(愛知県)とトレーニングマッチ(練習試合)を行った。山雅は控え選手中心だったが、4―0で圧倒。詰め掛けたサポーター約350人はJ1再昇格に向け、熱い声援を送った。

 試合は前半、サイドから攻める中京大にゴール前に迫られる場面もあったが、三島康平、前田大然両選手が相次いで得点。後半も山本大貴、志知孝明両選手がゴールを決めた。

 子ども2人と観戦した松本市の主婦(34)は「悪い雰囲気をここでリセットして、心機一転頑張って」。創造学園高校(松本市)3年の伊藤爽真さん(17)は「山雅はコンパクトな展開だった。次節はとにかく勝って...    
<記事全文を読む>