サッカーのJ2第41節は12日、各地で11試合が行われ、前橋市の正田醤油スタジアム群馬でホーム最終戦に臨んだザスパクサツ群馬は9位の徳島ヴォルティスに0―3で完敗した。通算成績は11勝11分け19敗(勝ち点44)で17位に後退。

 試合後のセレモニーでは坪内秀介主将、服部浩紀監督、都丸晃社長が1年間声援を送ったサポーターに感謝の言葉を伝えた。今季最終戦となる第42節は20日午後2時から、岡山市のシティライトスタジアムで6位のファジアーノ岡山と対戦する。

...    
<記事全文を読む>