7連勝でJ1自動昇格(2位以上)とリーグ優勝も視野に入れるJ2清水。首位札幌、2位松本との勝ち点差は3。残り2試合は精神的な強さも求められる。選手は重圧に耐え、さまざまな気持ちで正念場に臨む。

 FW大前はJ1昇格プレーオフについて「何も想定していない」と話す。チームをけん引する主将は自動昇格だけしか見ていない。「清水は『ここで負けたらまずい』という試合ばかりだったが、(首位独走だった)札幌はプレッシャーを感じずに戦う期間が長かった。なにかが起こると思う」と2試合に集中し、“吉報”を信じる。

  6試合連続ゴール中のFW鄭大世は冷静だ。3日の京都戦、6日の讃岐戦は終盤に失点した。「締めが...    
<記事全文を読む>