◆「開幕スタメンを」会見で決意 サッカーJ2の京都サンガFCへの入団が内定した大野耀平(ようへい)選手(健康プロデュース学部四年)の入団会見が九日、浜松市北区都田町の常葉大学浜松キャンパスであった。新しいユニホームに袖を通し、希望にあふれた表情で活躍を誓った。

 「開幕からスタメン入りを目指し、結果を残していきたい。岡崎慎司選手のように泥くさく点を取れる選手になりたい」。一八三センチの長身に甘いマスクの青年は、はにかみながら思いを語った。

 帝京高(東京)を卒業後、持ち味のパワーあふれる突進とボールコントロールを生かし、同大では二年からレギュラー入り。三年時には東海学生一部リーグで得点王とベ...    
<記事全文を読む>