J3降格回避を祈り続けた5千人が歓喜に沸いた。6日に天童市のNDソフトスタジアム山形で行われたサッカーJ2第40節のモンテディオ山形―長崎。終了間際の決勝点で山形は勝利し残留へ大きく前進した。「涙が出た」「残りは連勝して」。サポーターは最後まで声援を送る決意だ。

 昨季J1の山形は今季、再昇格どころかJ3降格圏が迫るまさかの戦い。また1日には選手が児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの疑いで逮捕される事態に。この日の試合前は森谷俊雄社長がスタンドに謝罪し「信頼回復に向け頑張る」と沈痛な表情だった。この試合は負ければ降格圏のチームと勝ち点が並ぶ可能性もあった瀬戸際の上、出場停止が3人...    
<記事全文を読む>