下部組織のユース(高校生)から来季新加入するDF高橋成樹が内定発表後に初の練習参加。トップチームを「スピード感が違う」と表現し、来季へ意欲を燃やした。

 対人の守備能力が高く、ピッチで積極的に声を出す上山明新館高3年の17歳。この日は一番乗りで練習場に現れてランニング。他選手と一緒にアップし紅白戦ではトップ選手の動きを見詰めた。「トップでは(スペースが)狭いからこそアイデアも生まれる。選択肢を二つ以上持たなければならない。頭を使いやっていく」と表情を引き締める。全体練習後はシュートブロックの居残り練習を続けた。

...    
<記事全文を読む>