J1磐田は26日、ヤマハ大久保グラウンドで東海社会人リーグ1部のFC伊勢志摩(三重)と練習試合を行い、今季の活動を締めた。来季は来年1月中旬に始動する。

 J1復帰1年目の今季は終盤に苦しんだが、年間13位で残留を達成した。来季は残留争いを抜け出し、順位を上げるのが目標。名波監督は「中位でも上の位置に入ること。上位の3、4チームになんとか付いていきたい」と語った。

 練習試合は荒木のゴールなどで2―0で勝った。選手は観戦したサポーター約600人にあいさつし、上田が代表して「1年間ありがとうございました。来年も応援よろしくお願いします」と感謝の言葉を述べた。

...    
<記事全文を読む>