右膝前十字靱帯(じんたい)断裂でリハビリを続けていたMF稲本が、ようやくボールを蹴られるようになった。最終節が行われた20日の練習から蹴り始め、この日はMF小野とペアを組んで別メニューをこなした。「正直、練習はきつかったけど、久々に蹴れたんで楽しかった」と声を弾ませた。オフになっても12月中旬までは札幌で練習する予定。「焦ってはいけないけど、メディカルと相談して体は動かしていきたい」。チームが始動する来年1月中旬の合流を目指す。

...    
<記事全文を読む>