【カナロコスポーツ=佐藤 将人】 J1川崎フロンターレは、23日にホーム等々力陸上競技場で鹿島アントラーズとのチャンピオンシップ準決勝第1戦に臨む。クラブ創設20周年の節目を、J1初タイトル獲得という最高の帰結で飾りたいのは当然のこと。ただクラブが「今年」にこだわる訳はそれだけではない。地域密着を地で行くクラブが20周年に優勝したいこれだけの理由、後編。「裏のエース」がいなくなるから ずばり、スタッフ・天野春果さん(45)が今季を機に1度チームを離れるからだ。肩書はプロモーション部部長。川崎サポーターか、よほどのサッカーファンでない限りなじみはないだろうが、この人なしに今のフロンター...    
<記事全文を読む>