年間4位での有終が懸かる勝ち点56の大宮は3日、ホームで同49の10位FC東京戦と最終節を戦う(13時30分・NAC)。大宮が勝ち、3位鹿島が負ければ勝ち点で並ぶが、現時点で得失点差14と順位逆転は厳しい状況。4位は自力で確定でき、渋谷監督は「何が何でも勝つ」と狙った。

 チームは2日、高木サッカー場でセットプレーを行って最終調整した。主力組はムルジャ、家長、横谷、大山、泉沢、江坂、大屋、河本、菊地、奥井、GK塩田だった。前節柏戦の先発メンバーと同じ顔触れで攻守の戦略を共有した。

 渋谷監督はFC東京に「代表選手もおり、レベルが高い」と意識を向ける。「こちらは勢いだけでいったら勝てない。4...    
<記事全文を読む>