全日本少年春季軟式野球県大会兼県中学校新人大会最終日は26日、裾野球場で準決勝と決勝を行った。決勝は島田初倉(中部2位)が浜松北浜東部(西部2位)を12―1で下し、初優勝を飾った。3位は伊東南(東部1位)と函南東(東部3位)。島田初倉と各地区大会1位の伊東南、東海大翔洋、浜松曳馬は来年3月末に草薙球場で開催される全国大会に出場する。

 ▽準決勝 島田初倉 1―0 伊東南 浜松北浜東部 2―1 函南東 ▽決勝 島田初倉 12―1 浜松北浜東部  ■太田 投打に活躍 全国切符を懸けた決勝。島田初倉が1年の右腕太田の投打の活躍で、浜松北浜東部に快勝した。公式戦初登板で完投し2安打1失点に抑え、...    
<記事全文を読む>