三菱重工業と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は15日、三菱重工長崎とMHPS横浜の硬式野球部を統合し、来年1月から新チーム「三菱日立パワーシステムズ硬式野球部」として始動することを正式に発表した。重工長崎の活動拠点はMHPSの本社がある横浜市に移る。98年前に創設され、地元に親しまれてきた社会人野球の名門が、長崎から姿を消す。

 三菱重工業によると、統合の目的は戦力強化。MHPSは2年前から重工長崎野球部の活動費を出資しており、MHPS横浜野球部と一本化して「全国優勝を狙えるチームを目指す」としている。

 重工長崎野球部には現在、後藤隆之監督(46)以下選手、コーチ合計28人が在籍。M...    
<記事全文を読む>