少年野球の巡回教室「東京キッズベースボールアカデミー」(世田谷区軟式野球連盟、東京新聞・東京中日スポーツ主催、セガサミーグループ特別協賛)が十三日、同区鎌田の二子玉川緑地野球場で行われた。区内の学童や中学の軟式野球チームの選手、指導者計約180人が野球の基礎を学んだ。

 講師を務めたのはセガサミー野球部の前田忠節コーチ、松延卓弥副主将ら15人。参加者はポジション別に分かれ、セガサミーの選手からキャッチボール、ゴロやフライの捕球、打撃などを教わった。各チームの監督、コーチらは指導のコツやノウハウについて前田コーチに積極的に質問し、アドバイスを受けた。

 最後はセガサミーの選手が投手を務め、参...    
<記事全文を読む>