ソフトボール男子の日本リーグは13日、宇都宮市の栃木県総合運動公園で東日本、西日本のリーグ上位4チームずつによる決勝トーナメントの準決勝、決勝を行った。西日本4位の愛媛ウエストは準決勝で、西日本2位の大阪桃次郎(大阪)に5―11で敗れ、3位に終わった。決勝は西日本3位のダイワアクト(佐賀)が大阪桃次郎を4―1で破り、日本一に輝いた。

...    
<記事全文を読む>