米大リーグマリナーズの岩隈久志投手は11日、台風10号豪雨で大きな被害を受けた岩泉町で被災状況を視察したほか、同町の第三セクター社員らを激励した。

 岩隈さんは草野球チーム「三陸鉄道キットドリームス」のゼネラルマネジャーを務めており、同チームへの激励と台風10号や東日本大震災の被災地視察のため、岩泉町や球団本拠地の宮古市田老の田老野球場を訪れた。

 岩泉町では同町乙茂(おとも)の岩泉乳業で、山下欽也社長から被災状況の説明を受けた。岩隈さんは社員らに対し「皆が笑顔で暮らせるような日が早く来てほしい」と呼び掛けた。田老野球場では、三陸鉄道キットドリームスと田老一中野球部の練習を見学した。 <記事全文を読む>