来年3月に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を控える野球日本代表は11日、東京ドームで行われたメキシコとの強化試合第2戦に11-4で快勝して対戦成績を1勝1敗とした。

 日本は3-3の五回、花巻東高出身の大谷翔平(日本ハム)が一塁内野安打で出塁。盗塁などで1死三塁として筒香の一ゴロの間に勝ち越しのホームを踏んだ。その後も秋山(西武)の適時二塁打や中村晃(ソフトバンク)の2ランなどで着実に加点した。日本は12、13日はオランダと対戦する。

...    
<記事全文を読む>