60歳以上が参加する全日本還暦軟式野球選手権大会で優勝した「川崎ドリーム」と、70歳以上の全日本古希軟式野球大会で優勝した「川崎ブルーソックス」の監督・選手らが9日、川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長に報告した。

 4年ぶり3度目の頂点に立った川崎ドリームの中村宏二監督(74)は「今年はただ一つ、頂点を目指して激しい練習をしてきた。来年、連覇を目指したい」。初の全国制覇を果たした川崎ブルーソックスの飯田孝男監督(78)は「決勝戦では、昨年準決勝で敗れたチームに当たった。苦しい試合だったが延長11回にサヨナラヒットで勝つことができた。まだ創部9年目と若いチームなので、これを第一歩に連覇など狙い...    
<記事全文を読む>