九回2死、1点差に迫られたヤマハは、なおも三塁に走者を置いて打席に日本通運の4番を迎えた。最大の正念場に立たされた九谷は「気持ちで投げた」。中堅への飛球を長谷川雄ががっちりつかむとナインは勝利の雄たけびを上げ、グラウンドになだれ込んだ。

 勝利と同時にマウンドにがっくりと膝を付き、泣き崩れた九谷。今大会4試合目の登板で疲れも残り、調子は良くなかった。「今まで味わったことのない緊張の連続だった」と、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 走者を背負いながらも「ゼロに抑えていれば野手が点を取ってくれる」と粘投した主戦池田駿も中1日で今大会3度目の先発だった。「勝っても負けても最後。ペースを考えず序...    
<記事全文を読む>