11日開幕の第47回明治神宮野球大会出場校が6日、出そろった。高校の部は各地区大会優勝校が出場する。北信越地区代表の福井工大福井は大会3日目、13日の2回戦(午前11時試合開始予定)から登場。履正社(近畿)と仙台育英(東北)の勝者と戦う。11年ぶりの早実(東京)や夏の全国選手権大会を制した作新学院(関東)など強豪校が王座を争う。

 大学の部は東京六大学リーグで春秋と連覇した明大、東都大学リーグを12年ぶりに制した日大、首都大学リーグで初優勝した桜美林大(関東1)などが登場する。

 楽天からドラフト4位指名を受けた右腕の菅原秀(福井工大福井高出身)を擁する大体大(関西2)は12日の1回戦で環...    
<記事全文を読む>