明治神宮大会の予選を兼ねた大学野球の第12回関東地区選手権大会は31日に横浜スタジアムで開幕。本県の白鴎大(関甲新2位)は1回戦で横浜商大(神奈川2位)と対戦し、先のプロ野球ドラフト会議で阪神に1位指名された大山悠輔(おおやまゆうすけ)(茨・つくば秀英)、西武に2位指名された中塚駿太(なかつかしゅんた)(同)らの活躍で3-1と競り勝った。

 白鴎大は1点を追う初回、1死二塁から大山の左翼越え2点本塁打で逆転に成功。六回には広神全留(ひろかみたける)(群・桐生市商)の中越えソロ本塁打で追加点を奪った。守っては先発の中塚が伸びのある直球を主体に被安打3、無四球で1失点完投した。

 1日は2回戦...    
<記事全文を読む>