ルートインBCリーグの2016ドラフト会議は13日、大阪市内で開かれ、福井ミラクルエレファンツは中島健介捕手(23)=徳島インディゴソックス出身、楊鑄真(よう・いるま)投手(22)=日本経済大=の2選手を指名した。

 2人しかいない捕手の補強、そして投手陣の充実を図った。大半の選手が来季も残るため、指名数は過去最少となった。

 中島は今季まで2年間、四国アイランドリーグplusの徳島でプレー。強肩を武器とし守備面の活躍が期待される。楊は身長190センチの大型投手。角度のある140キロ台の直球を投げ込む本格派右腕だ。

 来季も首脳陣の一角を担う荘勝雄投手チーフコーチは「新しい監督の下、経験のあ...    
<記事全文を読む>