BCリーグ、新潟アルビレックスBCの赤堀元之監督(46)が退団することが7日、分かった。来季の続投が決まっていたが、NPB(日本野球機構)球団から指導者就任の要請があり、一転して辞任を申し出た。球団側も了承する見通し。後任は未定とみられる。

 関係者によると、赤堀監督は10月末、新潟側と来季の1年契約を結ぶことで合意したが、今月に入りNPB球団からオファーを受けたという。

 赤堀監督は新潟2年目。今季は前後期とも地区3位に終わったが、5年ぶりにNPBの育成ドラフト指名選手を出した指導力や、昨季のリーグ優勝を果たした手腕が評価されていた。

 元近鉄投手の赤堀監督は、NPBではオリックスの投手コ...    
<記事全文を読む>