IT技術の発達により、収集・分析が可能になった膨大な電子情報「ビッグデータ」。ビジネスに生かす動きが広まる中、その波はプロ野球の世界にも押し寄せている。親会社がIT企業の東北楽天は他球団に先駆けて、革新的な取り組みを始めた。熱を帯びるグラウンドの外の戦いに迫る。(佐藤理史)◎生かせビッグデータ(中)弾道測定器<投手力を数値化> 東北楽天で今季、安楽智大投手の台頭は大きな収穫となった。2015年ドラフト1位のエース候補。前半戦は勝ち星を挙げられず2軍降格も経験したが、後半戦は先発枠に定着して3勝を挙げた。

 高卒2年目右腕に何が起きたのか。「リリースポイントのばらつきが減った。(打者が打ち...    
<記事全文を読む>