昨秋から取り組んだ打撃フォーム改造が実を結び、打率が4分2厘アップした。20本塁打、90打点はプロ9年目で自己最多をマーク。速球に振り遅れる課題を解消した。

...    
<記事全文を読む>