日本ハムは29日、札幌市内の球団事務所で主力選手との契約更改交渉を開始し、6選手と更改した。ルーキーで30試合に登板、先発と中継ぎで活躍した加藤貴之投手は1400万円増の2600万円。11試合の登板にとどまった斎藤佑樹投手は300万円減の2千万円でサインした。

 故障から復帰し、2年ぶりに1軍のマウンドに立った武田久投手は300万円減の1500万円プラス出来高払い。「球団から『ぼろぼろになるまでやってほしい』と言われた。うれしいと思う半面、結果が出ていないので、もう一回戦力になりたい」と完全復活を誓った。(金額は推定)

...    
<記事全文を読む>