IT技術の発達により、収集・分析が可能になった膨大な電子情報「ビッグデータ」。ビジネスに生かす動きが広まる中、その波はプロ野球の世界にも押し寄せている。親会社がIT企業の東北楽天は他球団に先駆けて、革新的な取り組みを始めた。熱を帯びるグラウンドの外の戦いに迫る。(佐藤理史)◎生かせビッグデータ(上)VR打撃練習<端末使い「対戦」> 9月4日のソフトバンク戦(コボスタ宮城)、一回2死満塁の好機。打席に入った東北楽天の中川大志内野手に、自信はあった。2軍戦を含めて初対戦となった山田大樹投手から、狙い澄ました一発をバックスクリーンに放った。

 初顔合わせにもかかわらず、どんな球を投げてくるか、...    
<記事全文を読む>