今季まで2年5億円の契約を結んでいたデスパイネについて、千葉ロッテの林球団本部長は28日、母国のキューバを訪れて窓口となる政府担当者と交渉してきたことを明かした。「大きな戦力として最大限の条件提示をした」と3年程度の複数年となる大型契約を提示したもようだが「もう少し検討したいとのことだった。(答えが出るまでは)だいたい2週間くらいか」と述べた。

 デスパイネ本人とも面会したという。林本部長は「本人は3年間いて居心地が良く、環境も気に入っているので、ロッテと継続してプレーしたいと言っていた」と話した。

...    
<記事全文を読む>