【東京支社】今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが28日、東京都内で開かれ、最優秀選手(MVP)にパ・リーグから花巻東高出身で日本ハムの大谷翔平選手、セから広島の新井貴浩内野手がともに初選出された。最優秀新人(新人王)には、パから日本ハムの高梨裕稔投手、セから阪神の高山俊外野手が選ばれた。

 大谷は投手として10勝4敗、防御率1・86、打者として打率3割2分2厘、22本塁打、67打点をマーク。日本ハムの日本一の原動力となり、史上初めて投手と指名打者のベストナインを同時受賞した。3位までを連記する方式のMVPの投票で、有効投票を投じた254人中253人が1位票を投じ、残...    
<記事全文を読む>