「大卒3年目で、まさか自分が、という感じ。1年頑張ってきて良かった」。野球人生で一度しか受賞できない新人王に輝いた高梨の表情は晴れやかだった。

 プロ2年目の昨季まで1軍登板は2試合のみ。3年目の今季は大きく花開いた。春季キャンプから好調で開幕1軍入り。中継ぎだった4月にはプロ初勝利をマーク。6月から先発ローテーションに加わると、伸びのある直球と鋭いフォークを武器に無傷の8連勝と波に乗った。

 「今年は勝負の年。その気持ちは誰よりも強く持っていた自信はある。しっかりできた要因」。気合十分の投球で、リーグ優勝と日本一に貢献した。

 「支えてくださった方に感謝したい」と、感謝の思いを何度も口にし...    
<記事全文を読む>