プロ野球の中日や西武で、主力選手として活躍した岐阜市出身の和田一浩さん(44)の野球教室が二十七日、岐阜市の岐阜メモリアルセンターであり、県内の小中学生約百人が参加した。

 県が二年前から開く「一流アスリートスポーツ教室」の一環。和田さんの登場は初めて。小学生と中学生を分けて指導した。

 中学生の部では、捕球や送球といった守備練習の後、素振りをした。

 和田さんは、通算二千五十安打を記録した打撃の名手。バットを振る中学生の横に立ち、「目線を下げないで」「腰を使って強く振りきって」などと、自ら手本を見せながら、熱心にアドバイスを送った。岐阜市の加納中二年、苅田源斗さん(14)は「アドバイスのお...    
<記事全文を読む>