プロ野球のセ、パ両リーグは25日、今季のベストナインを発表し、パ・リーグは花巻東高出身で日本ハムの大谷翔平選手(22)が史上初めて投手と指名打者の2部門での同時受賞を果たした。

 プロ4年目の大谷は投手として2年連続2度目、指名打者は初めての受賞。投手では111票を獲得し2位の石川歩(ロッテ)に42票差をつけた。指名打者では190票を集め、47票の2位デスパイネ(ロッテ)とは大差だった。今季から投手と野手の重複投票ができるようになり、ダブル受賞につながった。

 大谷は今季、投手として21試合に登板し10勝4敗、防御率は1・86だった。打者では104試合で打率3割2分2厘、22本塁打、67打...    
<記事全文を読む>