セ、パ両リーグは25日、今季のベストナインを発表し、日本ハムの大谷翔平選手が史上初めて投手と指名打者の2部門での同時受賞を果たした。これまで同一選手を複数のポジションに投票した場合は無効とされていたが、大谷が投手と野手の「二刀流」で異例の活躍を続けたため、今回から投手と野手(または指名打者)で重複投票できるように規定を変更した。

 大谷は投手では2年連続の選出。右手中指のマメをつぶして2カ月ほど先発ローテーションから外れ、規定投球回に届かなかった。規定投球回数に満たない投手の受賞は救援で活躍した1998年の佐々木主浩(横浜=現DeNA)以来で、パでは初めて。初受賞の指名打者も規定打席には...    
<記事全文を読む>