10年ぶりの日本一に輝いたプロ野球の北海道日本ハムは24日、札幌市内のホテルで優勝祝賀会を開いた。出資企業の関係者ら350人が出席、栗山英樹監督や選手らと優勝の喜びを分かち合うとともに、2連覇への思いを新たにした。

 末沢寿一オーナーが「歴史に残るシーズンを送り、チームスローガンの『爆(は)ぜる』を実践していただいた。観客動員も念願の200万人を超えた」とあいさつ。栗山監督は「日本シリーズに代表されるように、苦しくなると北海道に帰って力をもらった。来年、連覇することで恩返ししたい」と感謝の気持ちを伝えた。

...    
<記事全文を読む>