コボスタ宮城(仙台市)で23日にあった東北楽天のファン感謝祭で、今季限りで現役を引退する牧田明久外野手(34)長谷部康平投手(31)栗原健太内野手(34)の引退セレモニーが行われ、3選手がファンに別れを告げた。

 2005年の球団創設当初から在籍する最後の選手となった牧田は入団当時を振り返り、「何もないところからのスタートだった。今はこんなに立派な環境と素晴らしいファンの元でプレーでき、本当に幸せ」と語った。スピーチ後は、娘2人と元同僚の土谷鉄平ジュニアコーチから花束を受け取り、涙をぬぐった。

 愛知工大から5球団競合の末、大学・社会人ドラフト1位で08年に入団しながら、けがに泣いて11勝...    
<記事全文を読む>